スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏場所でも組長が観戦 大相撲(産経新聞)

 両国国技館(東京都墨田区)で開催されていた大相撲夏場所(5月9~23日)中、指定暴力団住吉会系組長が、日本相撲協会に一定額を寄付した団体・個人向けの「維持員席」で観戦していたことが、警視庁組織犯罪対策3課への取材で分かった。維持員が知人に渡した入場券が、複数の関係者を通じて組長側に渡っていたとみられ、同課で詳しい経緯を調べている。

 同課によると、組長の観戦が確認されたのは夏場所14日目の5月22日。警戒中の捜査員が向こう正面2列目の維持員席に座っている組長を発見した。捜査員から連絡を受けた同協会職員が声をかけると、組長はその場から立ち去ったという。

                   ◇

 この問題で、日本相撲協会が当該の席の持ち主である維持員1人の資格を剥奪(はくだつ)していたことが7日、明らかになった。

 暴力団など反社会的勢力の排除を進める相撲協会の担当者が夏場所後、この維持員から事情を聴いたところ、席の入場券の出どころが自身だったことを認めたため資格を取り消した。

菅内閣 世論支持回復が内閣方針トップ 初閣議(毎日新聞)
財務副大臣に池田氏起用へ(産経新聞)
「準非常事態」宣言…口蹄疫で鹿児島県(読売新聞)
米大統領と電話会談へ=菅新首相(時事通信)
<菅首相>「大ばか」から協調へ 事務次官に訓示(毎日新聞)
スポンサーサイト

<肝臓幹細胞>皮膚から作成…国立がん研究センター成功(毎日新聞)

 人の皮膚や胃の細胞に3種類の遺伝子を導入し、肝臓の幹細胞を作成することに、国立がん研究センターの石川哲也室長(幹細胞生物学)らのチームが初めて成功した。体外で安定して増やすことができ、医薬品の毒性検査などに利用できると期待される。6月に開かれる研究会で発表する。

 成人の肝臓細胞は、体外で培養してもほとんど増やすことができない。また、あらゆる細胞に分化する胚(はい)性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、安定して増える肝臓幹細胞を作ることに成功した例もなかった。

 石川室長によると、市販の皮膚細胞や日本人ドナーの胃の細胞にウイルスを使って遺伝子を導入。3~4週間後、幹細胞や肝臓で作られる特有のたんぱく質をつくる遺伝子が機能していることを確認した。約200日間、安定して培養でき、凍結保存して再び増やすことにも成功したという。

 肝臓は、体内に入った薬物を解毒するなど多様な働きをしている。新薬を開発する際、肝細胞を使って解毒できるかどうかを調べれば、臨床試験の前に副作用の有無を確認でき、開発費用・期間を大幅に削減できる。また、B型・C型肝炎のウイルスを細胞に感染させ、新薬の治療効果を見るなど、抗ウイルス薬や高脂血症薬の開発にも期待される。【須田桃子】

【関連ニュース】
抗がん剤:セツキシマブ投与で2人死亡 副作用か…厚労省
高額療養費制度:改善を…厚労相に要望書提出
子宮頸がん:ワクチン、小6に初の集団接種…栃木・大田原
卵巣がん薬:報酬見直し 患者の声で中医協
がん治療:ペプチドワクチン療法 先進医療に承認…厚労省

海賊版ロック解除、Wiiを違法改造・販売(読売新聞)
松屋浅草 日本最古の屋上遊園地、31日閉鎖(毎日新聞)
「ばかな会合だった」石原都知事は途中退席(読売新聞)
国道側溝に男性の切断遺体=死体遺棄事件で捜査―新潟県警(時事通信)
<口蹄疫>種牛の精液はストロー1本5000円も(毎日新聞)

大阪府立高35歳教諭、下半身露出で現行犯逮捕(産経新聞)

 大阪府警羽曳野署は24日、公然わいせつ容疑で、府立和泉総合高校教諭、岩下一雄容疑者(35)=羽曳野市高鷲=を現行犯逮捕したと発表した。同署によると、調べに対し容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、23日午後6時35分ごろ、同市南恵我之荘のコンビニ駐車場で、ズボンのチャックを開け、店内の女性客にガラス越しに下半身を露出したとしている。店員の通報で駆けつけた署員が現行犯逮捕した。

【関連記事】
女装自衛官、突然ワンピースまくり上げ…公然わいせつ容疑で逮捕
公然わいせつ容疑で逮捕 秋田県能代市職員
エリカ、実家で相談か 終始無言も連日大胆露出
関係者が激白…エリカ、連日セクシーショー本当のワケ
メイサ、胸元あらわセクシー衣装初ライブ
中国が優等生路線に?

「美しい地球、一緒に守ろう」=山崎さん、故郷でパレード―千葉(時事通信)
警察犬 「アボイン」3度目の挑戦で合格(毎日新聞)
一度は体験してみたい、海に浮かぶ豪華ホテルの旅
【虐待はどんな傷を残すのか】(3)ネグレクトからの救出(産経新聞)
県警警部補が高1少女にわいせつ容疑 新潟(産経新聞)

13市議が「松山維新の会」 道州制掲げ参院選は自民系支援(産経新聞)

 松山市議会(定数45)の自民党議員団の離脱者9人と無会派議員4人の計13人が13日、松山市役所で新会派「松山維新の会」の設立を発表した。道州制導入など地方分権の実現を掲げ、会長に就任した池本俊英市議は「新しい時代を切り開く気概を持って行動したい」と決意を述べた。

 同会派は、25日に始まる新任期では最大会派となる見通し。自民党議員団からの離脱者は党籍の保持を表明しており、夏の参院選愛媛選挙区(定数1)では自民党公認候補予定者の山本順三氏を支援する。中村時広市長の市政運営には与党として協力する方針。

 政策面では道州制導入のほか、同市の懸案事項である渇水問題の解決、市議会の議員定数削減などを掲げている。

 また、大阪府の橋下徹知事を中心に4月に結成された地域政党「大阪維新の会」には地方分権の政策スタンスで共感を示したものの、別組織であることを強調した。

【関連記事】
橋下知事「民主党の労働法制では世界に負ける」
橋下知事 普天間問題で「要請あれば、関西で受け入れ検討」
大阪市議補選14日告示 大阪維新の会の初陣
「関西広域連合」設立同意案の提出見送りへ
【橋下日記】(12日)僕もタレント候補と呼ばれた
少子化を止めろ!

<掘り出しニュース>鳥写真コンテスト「B-1グランプリ」に待った!(毎日新聞)
<パロマ中毒事故>元社長らに有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
普天間移設 亀井氏「くい打ち方式案は困難」(毎日新聞)
<遺体発見>さいたま市で22歳の男性 事件事故両面で捜査(毎日新聞)
「番組介入しない」原口総務相、電監審強化で(読売新聞)

ゼブラーマン 全国一斉公開…ゼブラシティの逆襲(毎日新聞)

 哀川翔さん主演のスーパーヒーロー・ムービー「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」が1日、全国244の映画館で一斉に公開された。東京・銀座の丸の内TOEIでは哀川さん、仲里依紗さん、脚本の宮藤官九郎さん、三池崇史監督らが舞台あいさつをした。

 悪の女王ゼブラクイーン役の仲さんが「2010年をゼブラ色に染める時がきた」と言えば、哀川さんは「前作から6年。最強の敵も現れ、パワーアップした作品」と、世代を問わず楽しめるエンターテインメント大作であることを強調。三池監督は「今回は完全に白黒つけようとして始めた」と語り、哀川さんと仲さんの演技を絶賛した。本作の哀川さんを「自ら演じる世界最年長(48歳)のマスクマン・ヒーロー」として、ギネスに申請することも発表された。

【関連ニュース】
ゼブラーマン:完成披露試写会 5月1日から全国公開へ
ゼブラーマン:沖縄国際映画祭で上映
掘り出しニュース:街頭犯罪撲滅:通天閣ロボとゼブラーマンがタッグ
仲里依紗:「『別に……』とかいわないように」三池監督からアドバイス ゼブラーマン舞台あいさつ
ゼブラーマン2:仲里依紗のゼブラクイーン、PV公開 2025年の過激なアイドル

67項目で規制改革=太陽光発電、医薬品ネット販売など-政府(時事通信)
つむじ風でテント飛ぶ、バーベキューの4人けが(読売新聞)
<ゼブラーマン>全国一斉公開…ゼブラシティの逆襲(毎日新聞)
もんじゅ、5月6日の運転再開を決定(産経新聞)
元LOFT社長 安森健氏に聞く「なぜ、今雑貨ブーム?」(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。